bio-1

伝記

プロファイル

ジョンルーカス:シンガー・ソングライター・ゴスペルアーティスト

ジャマイカ出身。1979年8月10日生。
牧師の父と音楽好きのスペイン語教師の母親の元に生まれ、幼少期から音楽に触れる。
5歳~18歳まで少年劇団で活動し、ジャマイカ最大 の私立大学Northern Caribbean Universityで、
Vocal Performance及び、マスコミ学、宗教 学を専攻。
地元で数々のステージを経験し、2000年7月、文部科学省のJETプログラムを通じて、
ALT(外国語指導助手)として初来日。
東北大学大学院国際文化研究科修士課程修了。

2004年からHGF等でゴスペル指導や・ゴスペルシンガーとして仙台を中心に活動を始める。
また国内最大級のゴスペルフェスティバル『仙台ゴスペルフェスティバル』の中心シンガーの一人であり、
SGFの応援ラジオ番組『Gospel Makes You Happy』のパーソナリティも務めている。

2008年12月、シングルCD「My Song For You」発表。

2010年1月、アルバムCD「SURRENDER」発表。

2011年3月に発生した東日本大震災では自身も被災し、多くの人に支えられた。
その経験から多くの人に希望のメッセージを届けたいという思いが一層強まり、
被災者支援のためのチャリティーコンサート等を行い、現在も被災地の方々への支援活動を継続している。
そして同年10月、ミニアルバムCD「きぼう・KEEP HOPE ALIVE」発表。
被災の経験を通じて、被災に負けないでというメッセージをこめた新曲「希望:Keep Hope Alive」を含むCDミニアルバムが注目されている。
売上の一部は震災復興支援のために寄付されている。

2013年4月、には「のどじまんTHE!ワールド」(日本テレビ系)にジャマイカ代表『ゴスペル王子』として出演、SONG FOR JAPAN特別賞を受賞。
同年11月、その「のどじまんTHE!ワールド」で熱唱し話題になった名曲「翼をください」を、原曲と自身による英訳詞の2パターンを収録したCDと共に、自身の被災の体験、被災支援の働き、家族のこと、ゴスペルのこと、日本への愛を綴った著書を、CD&BOOK『きぼうのつばさ・WINGS OF HOPE』として同時リリース。

2014年9月より、日本テレビ「PON!」内の親子向け番組「ママモコモてれび」の英語のレッスンコーナー『英語モコモ』にて歌のお兄さんをレギュラーで担当。

2015年2月、モンキーマジックの15周年記念CDアルバム「Colour by Number」の収録曲、「Walk with me 」にゲストシンガーとして参加。同月、その初演である日本武道館公演にて初共演。

2015年5月、JLの来日から現在に至るまでの15年間の歩みを表す、15曲入りのセカンドフルアルバム「God Is Good!」を発表。
この作品はJLの培ってきたゴスペルの集大成となっており、それと同時にJLの来日15周年を記念するものとなっている。
同月から年末に渡り全国・海外ツアー実行中。

またSDA教会の日本代表に選出され、2015年7月にサンアントニオ・テキサスにて行われたSDA教会の全世界総会で演奏。

2015年8月、日本テレビ「24時間テレビ〜愛は地球を救う〜」に出演。「ジャマイカ人の恩返し〜被災地と全国をつなぐ感謝の歌〜」として、東日本大震災の被災地の90人と共に歌う。

現在、日本各地でゴスペルを教え、ゴスペルファミリーは200名を超える。そして『G.POP』の旗手として、東京・宮城を中 心に全国・海外のライブやイベントに出演する等、精力的に活動中。

ディスコグラフィ
2008年12月 | ファーストシングル, 『MY SONG FOR YOU』
2010年 1月 | ファーストフルアルバム, 『SURRENDER』
2011年10月 | ミニアルバム, 『きぼう: KEEP HOPE ALIVE』
2013年11月 | シングル CD & 著書, 『WINGS OF HOPE』
2015年5月 | セカンドフルアルバム, 『GOD IS GOOD!』